QRコード
-リンク-
稲荷神祷
稲荷神祷
http://inari-sintou.com/
-稲荷神祷別サイト-
稲荷神祷
http://www.geocities.jp/inarisinntou/

先代からの神秘体験

神秘体験

曾お爺ちゃんと神様の出会い(白塚さん・白瀧さん編)

 
神さんが入った時の異変の現れ方というのは人其々の様で、
私の場合は階段をたった3段上がる事も出来ない程異様に体が重かったり、
落着きが無くなったりという感じでしたが、
曾お爺ちゃんの場合は夜布団に入って寝ていたと思ったら、
急に上半身を起こし「パッパカ パッパカ」と口で馬の駆ける音を言いながら、
片手で手綱を引き片手で鞭を打つ格好をしながら「○○やぁ!」と、
その時は分かりませんでしたが稲荷神の名前を叫んだり、
次々と色んな名前を叫んだりして、頭がおかしくなった様子だったそうです。
 

そこで近所で有名な白瀧(シラタキ)大明神を祀られている、神さん使いの先生にみてもらったら、
「白瀧大明神やぁ!」と大声で叫び手を高々と挙げてインを組んでいたそうです。
先生は「それは立派な神さんが入っとる!祀ったら商売が必ず繁盛する。」
と言われ、うどん屋をしていた曾お婆さんは それはそれは喜び
さっそく、その先生から御璽を頂き白瀧大明神を祀らせてもらう事にし
曾お爺ちゃんは、仕事が終わった夕方から神さん使いとして集まってくる人の悩みを
伺っておりましたが、当たって当たり前ですが外れる事もシバシバあったそうです。
 

うどん屋の方はというと、一年経っても一向に儲からない。
これは おかしい!と曾お婆さんは先生の所に行って
「なるほど、赤字にはならへんけど、ツケばっかりで 損もしないけど、得もしない!」と
言いに行ったと言うのです。(初めて聞いた時は、儲からないからといって言いに行くかぁと、
ビックリして正直笑ってしまいました…普通なら損もしてないなら、そこまでしないと思いますが、
今考えてみると何かに動かされたのだと思います。)
すると先生が「それは おかしい!もう一度神さんにお尋ねしてみよう。」という事になりました。
 

すると、曾お爺ちゃんに入った白瀧さんが「白狐さんが焼きもち焼いとる。ワシが先に
入っとるのに、白瀧さんを先に祀っとる!と怒っている。」と
曾お爺ちゃんの口から言ったそうです。
すると先生は「昔、白狐さんの名前を口切ったんか?」と聞かれ、思い出したのが、
子供の時に友達と二人並んで正座させられて、腿の上に硬貨を置かれ、
「神さんが憑く人間かどうか今から見てあげる。もし憑く人間ならば 
その硬貨がポーンと飛ぶから」と言われ
子供だった曾お爺ちゃんの硬貨が飛び、その時に「白狐大明神!」と言った事を話すと
先生は、「それやったら、本来なら白狐さんを先に祀らなアカン」と言われました。
それを聞いた曾お爺ちゃんと曾お婆ちゃんは、それなら伏見の本社に行って
白狐さんを一番大きい御璽で受けてこよう。という事になったそうです。
 

そして、伏見で御璽を受けて帰ってくる日、噂を聞いた信者30人ぐらいが
「伏見の本社で、一番大きい御璽を受けてくるから、今度は凄いぞ!」と集まっている中、
曾お爺ちゃんが御璽を置き、2拍手をして白狐さんが入った瞬間・・・
曾お爺ちゃんは、口が開かずモグモグするばかりで、集まってきている人が
「うぁ…口きかれへん様になってもた…」と囁いていると、曾お爺ちゃんに白瀧さんが白狐さんと
入れ替わり「この代では一生口きかれへん。白狐さんの位が物凄く上がりすぎてもとる。
白狐さんが一緒に21日間、お滝の行を受けてあげるから一緒に修行する様に言ってる。」
と白瀧さんが言ったので、曾お爺ちゃんは白狐さんと一緒に21日間の
お滝の行をする事になりました。
 

21日の修行が終わって、お滝から帰る道中 後ろからペタンペタンと
何か付いてくる音がするので後ろを振り返るけれど何もない。
また進んでいるとペタンペタンと音がします。曾お爺ちゃんは不意をつこうと
曲がり角を曲がった先で待ち構えていました。
ペタンペタンという足音が段々と近づいて来たので待ち構えていた
角から飛び出した出会いがしらに、白い大きな狐と目と目があった
その瞬間に飛んで来て、曾お爺ちゃんの頭のてっぺんから、
大きな岩で殴られた様な衝撃と共にズボッと腹の底に収まる感じだったそうです。
(後にも先にも白狐さんのお姿を見たのは、この時の一度きりだった。と言っていました。)
 

そうして21日間一緒に修行してくださった感謝と、無事終えた御報告をしていると、
「白狐(シラツカ)大明神!」と言いながらインを組んだそうです。
これ以降、百発百中!数えきれぬ伝説の中の2つを、また書いていこうと思といます。
これによって、八百萬の神々の事や胴月さん・珠水さんと
私自身の繋がりがご紹介できると思います。
 

上記に書きました「白狐(びゃっこ)と書いてシラツカと書いている事に
疑問を持たれた方もいらっしゃると思いますので、簡単にご説明させて頂くと…
ある日、シラツカさんから「一度、伏見のワシの所に来い」と言われ一回も行った事も無く、
何処に祀られているのかも分からないけれど、曾お婆さんに
「神さんが来いというから、行ってみよう。行ったらどないかなるやろ。」と伏見稲荷に出向くと、
白い蛇2体が道の両端に沿って迎えに来てくれていたので、付いて行くと白瀧社に着いて
その中にある数々の祠の一つの所で、パッと消えたので その祠を見ると白狐大神と
あったそうです。この事で白狐の中の白塚大明神という事が分かったのです。
それを確信付けるのが、曾お爺ちゃんの足腰が弱りとても白瀧社まで歩く事ができなく
なった時、私の父に「白塚さんが、新しく白狐社が下に出来たから一度来い。と言うんやけど
連れて行ってくれるか?」と言った事で確信しました。
曾お爺ちゃんと、ある女性相談者の方のお話(胴月さん・珠水さん編)
  

その頃の曾お爺ちゃんは、仕事を終えて夕方家に帰ろうとすると毎日 家の前に100人程が、
この曾お爺ちゃんに見てもらおうと行列で並んでいたそうで、拝むのが嫌いな曾お爺ちゃんは
そのまま家に帰るのを止めて近くの木陰の涼しい所で時間を潰し
夜9時か10時頃に帰っていたそうです。
その頃には、もう藁をもつかむ気持ちで待っている人が30人程になっているので
しぶしぶ塩で手と口を清め、真っ白な袴に着替え神棚の前に座り柏手をすると最後まで
白塚さんが入ったまま、[もうおれへんか、もうええねんな」と誰もいなくなるまで
何時間でも拝む毎日でした。
 

そんな頃、一人の女性が曾お爺ちゃんの所に相談に来られた時の話ですが、
この方は、5年ほど前から精神状態が不安定で
精神病院へ何度も入院された事があるそうなのですが、
いつも病院に入院したとたんに、ピタリと異常な言動が無くなり正常になるそうです。
自分自身では、どこも悪くないのに入院させられるのが嫌で何件か拝み屋に行ったところ
霊が憑いているとか、黒(悪さをする神)が憑いている。とか色々言われたが
一向に良くならない と悩んでいたところ、曾お爺ちゃんの噂を耳にして尋ねて来られたそうです。

 
曾お爺ちゃんが神さんにお尋ねしますと、その女性には稲荷神が憑いている。
女性の方を見てみますと、体が勝手に動くのを必死で抑えようとブルブルと震えながら
畳に爪を立てて抵抗していたので、指先から血を出していたそうです。
 

曾お爺ちゃんは、神さんの名前を その女性の口から言わせようとクジを何度もきりますが
口をモゴモゴさせるだけで、神さんの名前を言う事ができません。
 

曾お爺ちゃんは、その女性を落ち着かせて内容を説明し話をしました。
「あなたは病気ではありません。稲荷神が憑いているから祀って修行すれば
家も栄えるし、物凄くお陰を頂けますよ。」と話したのですが、その女性は
「息子夫婦に面倒を見てもらっている身ですし、家でキチンとお祀りする自信がありません。
せっかく祀らせてもらっても粗末に扱ってしまったら、もったいないので 祀ることは出来ません。」
と断言されました。曾お爺ちゃんは、その事を白塚さんに相談し、
その女性に憑いている稲荷神を私が(曾お爺ちゃん自身)祀らせてもらいますので、
どうか離れてやって下さい。とお願いし、その当時、助手をしていた
今のおばあちゃんに、綺麗なタライに水を汲んで持って来させ
クジをきると、女性の口から白い煙がでて、その煙はタライの水の中に入っていったそうです。
そのタライの水の中で曾お爺ちゃんにキツネと蛇のお姿を見せたとの事でした。
そうして稲荷神に名前を聞いたところ胴月さんと珠水さんと言われましたので、
今も毎日、拝ませて頂いております。
 

この女性は、自宅に祀る事は出来ませんでしたが、曾お爺ちゃんが行う祭事には
亡くなられるまで毎回来られていました。
祖母の寿命(八百萬の神々編)
 

祖母の生家は皆、短命で30代40代という寿命で亡くなっております。
祖母も子供の頃から、色々な所で視てもらっても「この子は短命だ」と言われておりました。
そんな祖母が祖父と結婚し私の父である長男を出産し、続いて次男を出産後 間もなく
 腸捻転になり寝込んでしまいました。この時祖母は二十歳でしたが
激痛と食事も取れず見る見る痩せ細り本当の骨と皮になって、お腹だけが異様に膨れ
 目が落ち込み眼球がボコッと出ておりましたので寝ていても目が開いた様な状態でした。
お医者様には毎週往診に来てもらっていたのですが、
手術しないとダメだけど、手術に耐えられるかどうか…と言われておりました。
 手術するかどうか迷い、他の有名な病院にも観てもらうと一方の病院では
「スグに手術しないとダメです。」と言われ、もう一方の病院からは
「手術しないとダメだけど、この体はお腹を開けた時点で逝ってしまう。」と
言われどうしたものかと、 曾お爺ちゃんに頼み神さんに尋ねてもらいました。
(それまで何も言わなかったのは、もしかしたら寿命だと知らされていたのかも知れません。
神のお使いである私共は分かっていても言ってはならない事が
たくさん有ります。寿命に関しては特にそう言えます。)
寿命を聞く事は出来ませんが、どちらの病院で観てもらった方が
良いのかは、教えてもらえます。
すると白塚(シラツカ)さんは<西へ行くとアカン!東が良い!>と言われました。
家のある方角から西の病院というと即手術という判断の病院でしたので、
結果として手術をするのは辞めました。
 

この当時はお大師さんブームというのか、お大師さんをお祀りしている所が多く 
視てもらっても良く当たったそうです。
その当時のお大師さんを祀られている知人の方や、
四国八十八箇所第十九番の立江寺の本尊「立江地蔵菩薩像」を
祀られている知人の方が見舞いに来て下さり、
それぞれの神・仏に痛みを和らげて助けて頂ける様にお願いして下さりました。
その方々が「痛くてたまらない時には、南無阿弥陀仏と何回も口に出して言いなさい。」と
言われるので、祖母は一人、痛くてたまらない時に南無阿弥陀仏と言っていたそうなのですが、次にその方々が来られた時に「南無阿弥陀仏の声が小さい!と言っている。」と
いきなり言われたそうです。祖母は(何で分かったんやろ)と
ビックリしたと今でも話します。
その当時、祖母は二十歳で南無阿弥陀仏と言うのが恥ずかしかったのだそうです。
 

そんな日々を何とか過ごしていると、
曾お爺ちゃんが「白塚さんが、この代(人)の寿命について今月の21日に
八百萬の神々が集まって 相談してくれる。と言ってるけど どうする?」と聞いてくれたので
祖母は「そうしてもらえるなら、そうお願いして欲しい。」と言うと、
曾お爺ちゃんは「八百萬の神々をお迎えする為のお供えはワシらが買い揃えに走るけど、
お金は自分で出さないと意味がない。と言うのだけどええか?」
(そう言ったのはお金が惜しくて言ったのではありません。曾お爺ちゃん・曾お婆ちゃん共に
祖母の事をとても可愛がってくれていたし、そういう事にお金を惜しむ人ではありません。
そこには視てもらう本人の気持ちが大切なのです。)
祖母も、そういう事にお金を惜しむ人ではないので歩く事も這う事も出来なかった為、
買い物には行く事が出来ませんでしたが
集まって頂いた神々にもその気持ちは即通じ、気持ち良く受け取って頂けたと思います。
 

また、立江地蔵さんをお祀りされている方から
「立江地蔵さんが、八百萬の神々に集まって頂く為に籠かきをして
走り回ってくれる。と言っている。」とおっしゃって頂きましたので、
今でも四国へ行った際には十九番の立江地蔵さんに感謝の気持ちで手を合わせ、
須磨寺に祀られている立江地蔵さんには毎月お参りさせて頂いております。
 

曾お爺ちゃんには、稲荷神である白塚さんと白瀧さんがついて祀らせて頂いており、
白塚さんには「ワシは病気の神や!ワシを一心に拝めば身体障害でも治したる!」と
言われた程の神さんですが人の寿命を変える事までは単独では出来ない様です。
人の寿命を変えるという事は神の世界でも異例中の異例の事だとは思いますが、
神の世界も人の世界も同じで それぞれの得意(担当)分野の方々が集まり、
協議するのだと思います。この様な経験から祖母は自分の守護神だけではなく、
色々な神社やお寺に行っては、手を合わさせて頂きお力添えを頂いてきました。
その姿を一緒にお参りしながら見ている私も同じです。
よく自分は○○をお祀りしているので、他の神・仏に手を合わせる事は出来ない。
とおっしゃるのを聞きます。もちろん自分のお祀りしている神・仏をほったらかして、
他の神・仏に一生懸命になっていると罰があたるとは思いますが、
自分のお祀りしている神・仏を主に他の神・仏に手を合わせ頭を下げる事は
良い事はあっても悪い事など一つもありません。
様々な神様仏様がおられますが、私はそれぞれに素晴らしい神様仏様と思います。
 

そうして21日、焼き鯛・お酒・赤飯・餅・野菜類・果物類など 沢山のお供えを準備し、
お釜を焚いて八百萬の神々に集まって頂きました。
途中、手伝いをしようと2間続きの部屋に入ろうとした家の者に
曾お爺ちゃんが「あっ!神さんがイッパイで踏んでしまうから入ったらアカン!」と
怒鳴られる程でした。その時の祖母の思いは、助かるものなら助けて欲しいけど、
助からないのなら今すぐに息を引き取らせて欲しい。と願っていたそうです。
生きている方が辛い程の痛みだったので死ぬのが怖くなかった。と話します。
一通りの祭事が終わり、曾お爺ちゃんが祖母に「八百萬の神々が集まって相談した結果、
この代(人)を殺すのは惜しい。という事になったので、大丈夫や。」と言ってくれました。
心配させない為にそう言ってくれたのかもしれない。と半信半疑の祖母でしたが、
その夜から所構わずガス(おなら)が出続け、その度にお腹が見る見るへ込んでいったそうです。そうして日増しに良くなり今でも私の指導や相談にのってもらっております。
以上の様な事から、薬力社と龍頭社とは別に
八百萬社の3つのお社をお祀りさせて頂いております。